iPhone登場


スマートフォンは、iPhoneが登場したことによって多くの方にとって身近な存在となりましたが、それ以前にも魅力的なスマートフォンは日本国内に存在していました。

2008年になると日本国内で初のiPhoneとなるiPhone 3Gが発売されました。発売日となった7月11日には、日本国内において最初のiPhoneのキャリアメーカーとなっていたソフトバンクの販売店となっていたソフトバンク表参道店には、1500人を超える行列ができ、その列は代々木第一体育館と岸体育館の間の交差点にまで伸びていました。いくつものニュース番組のカメラがその行列を撮影し、話題となりました。

iPhone 3Gはこれまでのスマートフォンとは違い、物理的なボタンがほとんどありませんでした。現在では、iPhone以外のスマートフォンにも導入されているタッチパネルが操作のメインとなっていたために、すっきりとしたスタイリッシュなデザインとなりました。

このスタイリッシュさは、GeekやNerdと呼ばれるガジェット好きな方だけでなく、電子機器にあまり興味のない女性からも人気がある機種となりました。このiPhone 3Gが人気となった要因は、デザイン的な素晴らしさに加え、タッチパネルの操作がこれまでのスマートフォンのような物理的なキーボードとは違い、ネイルをしていても簡単に操作ができるといった事もありました。このiPhone 3Gが発売されて以降、10年にも及ぶiPhoneの時代が到来したのです。